【自己紹介】石橋って何回叩いたら安心して渡れるんですかねー。

はろーはろー、ひーひゃんです。

 

はじめまして。突然ですが、ブログはじめました。

 

f:id:hee_hyan:20190901223049p:plain

 

 

生まれてから気付いたら四半世紀が過ぎ、

 

もう二十代後半。人生多くの人が経験するであろう節目ターニングポイントもそれなりに経験してきたわけなのですが、(個人的なターニングポイントは人それぞれたくさんあると思いますが、、)

 

学生生活を終えて、就職をすると毎日がめまぐるしく過ぎていき、気づいたらあっという間に一年が経っているものです。

日本では、「環境の変化」を必然的に避けられない「節目」のタイミングで自分の行く道を「選択」し、周りの人たちと競争することって避けられないですよね。

 

 

そう、たとえば受験就活などです。

 

 

わたし、挫折や失敗が人一倍嫌いなんです。いや、皆さん嫌いですよね。自分から望んでメンタルバッキバキにされようなんて人はいないですよね!笑

 

わたしは、あまりにも挫折を味わいたくなさすぎるので、常に「石橋を叩いて叩いて、砕いて自分で建て直して渡る」ような人間なのですが(笑)、そのような性格が情報戦とも言われる節目ターニングポイント戦争(受験や就活など)で功をなしたのか、相性が良かったのか、そういうシチュエーションで求められることをこなすのが得意だなと感じてきました。

 

その結果、高校1年の頃から第一志望としていた大学・学部へ進学、大学3年次より第一志望としていた企業に就職して、今は毎日楽しくホワイトに(笑)仕事に励んでいます。(そのおかげで他にやりたいことも色々できています。)

 

なんだかんだで周りの方から受験や就職活動について相談を受けることも増えていくようになったのですが、色んな人の話を聞いていると、不安に思っていることを解決するために情報を集めに行くけれども、飛び交う様々な情報の「信ぴょう性」や「確からしさ」の判断に困る人がやはり多いんだなと思うことが多々ありました。

 

しかもですね。

 

お手伝いをしながら思ったのですが、自分が実際に当事者だったときより1年、また1年と時と経験を重ねるごとにどんどん得意になっていくわけなんです。

 

そして思ったわけなんです。

 

「え、うらやましい。」って。笑

 

私は先輩に頼ることっていうのが当時申し訳なくて、とにもかくにも一人で奔走したわけなのですが、お手伝いして、その無駄な工程が省かれた彼・彼女らをみながら、「大正解」とも思いました。

みんなが経験する苦労なんてする必要ないんですよ。近道が大正解なんです。

そのほうが競争によってさらされる不安定な環境で負けないための気持ちの余裕ができます。

 

と、いうことで!

 

f:id:hee_hyan:20190901232809j:plain

自分が今まで経験してきたことや得てきた情報(結構ささいなことから何でも)、確信したことなどを多くの同じ悩みをかかえる人たちに伝えたい!活かせる人がいるならどんどん活かしてほしい!と思い、近道への誘いが如く、ブログを開始してみようと思った次第です。(どんな経験をしてきたのかさらなる詳細については後述)

経験と教訓、そして実践から得た確信。もちろん少し回り道もしましたが。

常に何事にも目的意識的に励んできた自分が持ってる様々な分野のインフォメーション、勝てるかどうかは努力も必要かもですが、少なくとも「負けない」ためのヒントを発信していけたらと思います。

 

と、その前に1本目の記事なので、簡単に下記2つの紹介をさせてください。

  1. 本ブログ取り扱いテーマについて
  2. ひーひゃんについて

 

それではさっそく、、、

 

 

1.本ブログ取り扱いテーマついて

 

f:id:hee_hyan:20190901223156j:plain

 

タイトル:「ひーひゃんのNo more挫折ストラテジー(就活・受験・英語/留学・お金・レポートの書き方TIPS)」

■取り扱いテーマ

就活

受験

留学

英語学習

レポート・論文の書き方

お金

クレジットカード情報

など

(ときたま私生活のことについても書くかもです。)

 


2.ひーひゃんについて

f:id:hee_hyan:20190901223102p:plain

 

まずは簡単にプロフィールから。下記ご参照ください。

■HN:ひーひゃん

■出身:関西

■年齢:20代後半戦(老いとの熱い戦い真っ盛り)

■職業:金融関係大手企業勤務

■趣味:とにもかくにもおしゃべり。

■好きな言葉:「Fake it. Until you become it.」(出来るようになるまで出来るフリを続けろ。続けていたら気づいたときには出来るようになっているって意訳してます。)

■音楽:BUMP OF CHICKEN(7歳の時から首ったけ!!

■映画:STARWARSシリーズ、HarryPotterシリーズ

■メインブログ:こちらのブログ

■ツイッター:

twitter.com

 

現在二十代後半、新卒より大手金融企業に勤めています。

関西生まれ。小さい頃はとても成長が早く、二つ上の兄を差し置いて(笑)、2歳児ながらひらがな・カタカナを完全にマスターし、幼稚園入園時にはお友達に本を読んであげるような子で、家族は天才なのではないかと思っていたそうです。(天才ハードル低めですね。笑)

 

しかし、小学校低学年にあがると、まっっっっっったく勉強が得意ではなく、何回やっても割り算ができず、「割れない。。。」が口癖になったそうです。(笑)

 

小学生の時はとてもやんちゃで、学校の帰りには毎日ゲームセンターでプリント倶楽部に勤しんだり、タイムクライシスにハマったり、ランドセル背負ってビリヤード場でビリヤードを打つような超すーぱーませガキでした。

 

あとは、スポーツが好きで、バレエ、ダンス、新体操、空手、バスケなどいろいろやっていましたね。

ただ、母の意向でやっていた習字だけはまったく身につかず(笑)、汚い字は今でもコンプレックスです。。

 

そんな私の、振り返ってみても、いや振り返らずとも、個人的な人生のターニングポイントは中学1年時の「英語」授業との出会い。

 

新しい言語がわかるようになることで受ける刺激がたまらなく快感で、毎日飽きるほどに学校のテキストを読みあさっていました。(ちょっと?かなり?変わってますよね。笑)

 

その結果、塾などには特に通っていなかったのにもかかわらず、中学3年時には大学センター試験レベルと言われる英検2級に合格。

 

高校では夏休みに短期留学に行かせてもらうことになり、そこで「自分が思っていることを喋れること」を目標に英会話にシフトして学習を続けていました。(もちろん完璧に話せるはずもなく、現地で撃沈するわけなのですが。笑)

 

高校では逆に英語以外の勉強は全然身に入らず、苦戦しました。あ、割り算はさすがにできましたよ!

 

進路の選択には悩みましたが、それでも行きたい大学が見つかり、なんとかかんとか魔の大学受験をなんとか攻略し、無事第一志望の大学に合格。「ことば」がすごく好きだった自分が選んだ大学での専攻は「言語学」。人が言語を習得する構造や、社会やバックグラウンドが言語に与える影響などについて主に学びました。

 

義務教育や高校での「与えられる勉強」とは裏腹に、「自ら知識を取りに行くこととその工夫」が楽しくて、すごく性に合ってて、高校ではまったく良くなかった成績が、大学ではものすごく高くなり、4年間成績上位の奨学生として選定していただいていました。アウトプットが好きなんですよね。

 

大学のレポートの書き方も個人的に得意で、良い成績をもらえたのもひとつこれが要因だと思っているので、こういうのもそのうち記事にUPしたいなと思ってます。

 

大学2年次にはアメリカの大学に交換留学をし、大好きだった英語をついに嫌いになる経験もしました。笑

 

留学に行きたい人って多いと思うのですが、これまた結構めんどくさいし大変だし、留学のために受ける試験(TOEFL、IELTSなど)も大変だし、向こうで単位とるのも大変だし、わからないことだらけなんですよね。

 

留学をとりまいた情報や現地生活でのヒント、向こうでの大学生活などについても綴りたいですね。

 

そんなこんなで大学3年生になると、いきなり卒業後のことをみんなが考え初めてソワソワしだし、インターンシップなどに参加するわけですが、私も同じく流れに乗っていこうとしました。だけどインターンシップに参加するのにもESが必要だし、だけど書き方も就職活動の流れも何もわからないままとりあえず流されそうになってしまい、必死に情報をつかもうと会社説明会にもたくさん参加する、そんな感じでフワフワしていた時期もありました。

 

こういうことがしたい、こういう会社に勤めたい、というビジョンは段々明確になり、第一志望の会社(現勤め先)も見つかり、やる気自体は十分にあったのですが、就職活動で一番つらかったのはよくわからない、見えない選考基準と、お祈りされる度に感じる不安感。否定されているような気分を抱え続けることでしたね。

 

インターネットの情報に一喜一憂したり、どうでもいいような小さなことに悩んだり、メンタルに来る人が多いのも頷けました。

 

とにもかくにもひたすらに事前準備と情報収集に注力しまくった結果、なんとか第一志望の大手金融企業に内定をいただき、今に至るまでそこで仕事を続けています。

 

その後は毎年後輩や知り合いの就職活動を手伝い、自分が実際に足で稼いだ情報や経験したこと、もともと得意だった好かれるESの書き方スキルなどを活かしてみんなを志望する企業に送っています。(一番自分のスタイルが間違っていないと確信したのは、本来大手企業への就職が難しいと言われる中堅大学出身の知り合いを大手銀行や大手外資系企業に送ったときです。)

 

経験したことを思い返したりすると、人生って情報戦だな、と思います。何をするにも情報戦。だけど世の中にはいろんな情報が飛び交いすぎててよくわからなくなります。

このブログにたどり着いた方にはひとつひとつの情報ですら渇望している人が多いのではないでしょうか。

 

なので、その方々に向けて、本当にささいなことからひとつひとつ細かい記事を書いて、微力ながら「選択をする」ためのヒントを提供できるような、そんなブログを目指していきたいです。

 

ちょっとながながと綴りすぎてめんどくさい人になりかけていますが(笑)、経験したことについて色々情報を発信していきますので、よろしくおねがいします。

 

次回よりさっそくとりかかっていきまーす!

あでぃおーす!