【Kindle】持ち運びに便利!アマゾンの電子書籍リーダー キンドル【amazon】

はろーはろー、ひーひゃんです。

 

前回電車の中での過ごしかたについて紹介しました。

 

そこで出てきて後日紹介するといった電子書籍の話です。

 

キャッシュレス、5G、仮想通貨など今までにはなかったものが続々と登場し、昼夜問わず科学技術が前進していることが実感できます。

 

ポケベルが完全に終了したのも時代の流れ…

 

私たちの生活も昔は大きな黒電話を携帯として持ち運んでたり、ポケベルを持ったり、パカパカのガラケーだったりしたものが今ではスマートフォンに代わり、小さい子はもちろん、お年寄りまでスマートフォンを持つ時代が到来しています。

 

小学生の頃はすでに家にパソコンがありました。

 

しかし友達の家にパソコンが普及しているわけではまだありませんでした。中学、高校と学年を経るごとにどの家もパソコンを持つようになった記憶があります。

 

それが今ではタブレットとなりノートブックくらいの大きさでインターネットができるようになりましたね。

 

携帯やパソコンだけではなく今では「本」まで電子化されているのですからこりゃもうビックラタマゲタ状態です。笑

 

紙媒体が当たり前だった時代が紙が発明されてから1千年くらい続くのですが、私たちの生きるこの時代になって、とうとう電子化されているのです。

 

こう見たら歴史的な瞬間に生きてる気がします。

 

そんな中でもアマゾンが提供する電子書籍には目を見張るものがあります。

 

今日は、Kindleについて紹介しましょう!!

 

1.Kindleとは

2.買える書籍の数

まとめ

 

1.Kindleとは

アマゾンが提供する電子書籍です。

 

Kindle, Kindle Paperwhite, Kindle Oasisの3種類があり、紙で読んでいるかのような快適さを提供してくれます。

 

また、非常に軽のに何冊もの本を持ち運べるのが特徴です。

 

ライト機能もついており、幼いころに布団の中でゲームをしたように本を読むことができるのです。

 

2.買える書籍の数

最近発売されたものはほとんどすべてカバーしてるといっても過言ではありません。

 

調べてみると2015年時点で367万点ほど。

 

私が探していてなかったものは今のところありません。

 

定額で読み放題のサービスであるKindle Unlimitedがあるのも魅力です。

 

今なら3か月199円で対象の本が読み放題なお得なキャンペーンを実施中です!

 

このサービスは見ているとその都度読める本のラインナップが変化しているので読みたい本が対象になったときに加入して読んじゃうのもなかなかお得な使い方です。

 

ほかにもプライム会員の方ならPrime Readingがあります。

Kindle Unlimitedにくらべるとラインナップは劣るようですがそん色はないでしょう。

私はPrime Readingは使ったことがありません。

 

まとめ

 

私が1年くらい使ってみての感想は、分厚い文庫本などがかさ張らずに持ち運べて超便利です。

 

見返しながら読まざるを得ない専門書とかなら少ししんどいかもですが、日ごろ読む小説やノベルだと断然こっちのほうがオススメです。

 

本屋にいちいち行かなくてもスマホで購入をクリックするだけで本が読めちゃうのもすごくいいです。

いや、通信環境さえあればKindleからも直接買うことが可能です!!

 

隙間時間の読書に電子書籍デビューしてみてはいかがでしょうか!?

 

それでは、あでぃおーす!