【本の紹介】就活生に贈る!社会に出るために大事なお金の知識に関する本 オススメ3選【金融】

はろーはろー、ひーひゃんです。

 

就職活動が閑散期に入ったこの時期、内定が決まってひと段落落ち着いた大学生、就活生の方達は次はどういうことをすればいいのかと新たな悩みに直面しているのではないでしょうか。

 

悩める就活生たちにとって見えてくるのは新生活。

 

いままではアルバイトなどで働いた経験がある方もいますが、親の援助のもと暮らしてきた方がメインだったと思われます。

 

これからは自分で働いて、給料をもらって生活することになります。

 

いままで何気なく使ってきた「お金」について考えたことはありますか?

 

月々の収支がマイナスとなっては全く意味がありません。

 

そこで、金融、お金に関して社会に出た時に役立つ指針となる本を紹介します!!

 

1.金持ち父さん、貧乏父さん

2.節約・貯蓄・投資の前に いまさら聞けないお金の超基本

3.誰も教えてくれないお金の話

まとめ

 

1.金持ち父さん、貧乏父さん

 

まずはじめはこの分野では知らぬ人はいないといっても過言ではない「金持ち父さん貧乏父さん」を紹介します。

 

全世界シリーズ発行部数が4000万部を突破し、日本でも395万部発行されています!

 

作者であるロバート・キヨサキさんが幼いころ、教師として学生たちを熱心に育ててきた実の父と、友達のお父さんとの間におけるお金に関する見方・考え方を比較し気づいたことを本にしています。

 

実の父はまじめで勤勉ではありましたが、お金について汚いもの、よくないものなどお金の話をすることを好まず、遠ざけている方でした。

 

一方で、金持ち父さんのほうは「金がないことが諸悪の根源」であるとし、金持ちは金儲けのためにお金を働かせ、貧乏人は金儲けのために自分自身が働く、まるでラットレースだという考えの持ち主でした。

 

そのため、お金について学ぶことの重要性を説いてくれます。

 

「重要なのはお金に関する教育と知恵だ。スタートは早ければ早いほどいい。本を買ったりセミナーに出席するのもいい。実際にお金を運用してみるのもいい勉強だ。初めは小さい金額でいい。」(『金持ち父さん貧乏父さん』より)

 

私も大学生のときにはじめてこの本に触れました。

 

本を読んだ後に今までを振り返ってみるとお金について、学校や家で習ったことがありませんでした。

 

そんなわたしにとって、この本を読んで本当にハッとさせられました。

 

r>g

 

トマ・ピケティ氏が提唱した「21世紀の資本」での悲しい現実です。

 

r:資本収益率

 

g:経済成長率

 

持てる者はさらに富み、持たざる者はさらに貧しくなるのです。

 

微々たる力では世界を激変させることはできないなかでも自分自身の守るために、お金の知識を得て生きていくにはとても重要な知識を「金持ち父さん貧乏父さん」は教えてくれています。

 

この本だけは本当に必読です!!

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 著:ロバート・キヨサキ

 

2.節約・貯蓄・投資の前に 今さら聞けないお金の超基本

 

続いては比較的、新しいこちらです。

 

泉美智子さんと坂本綾子さんによる、わかりやすいイラストと図解で書かれた手に取りやすい実用書です。

 

生活に必要となってくる「稼ぐ」「使う」「貯める」「納める」「増やす」などお金の機能に沿って書かれています。

 

働き始めると貯金もして、結婚や老後のことまで人生設計が必要です。

 

その時に困らないよう最低限必要なものが詰まっているのが本書ではないでしょうか。

 

3.誰も教えてくれないお金の話

 

最後は漫画で描かれたお金の常識に関する本。

 

図解やイラストでも厳しい、マンガがいい!!という方にオススメです。

 

25万部発行のベストセラーです。

 

若い夫婦が家計や会計、住宅ローン、保険、年金、資産運用、出産、子育てについて失敗を乗り越えていく中で学んでいくので身近な体験としてスッと理解できることでしょう。

 

少し知識のある方には物足りなさを感じるかもしれませんが、今までお金にふれたことのない就活生への超・入門編としてオススメしたい限りです。

 

これでもかと読みやすさへの配慮がうかがえます。

 

 

 

まとめ

 

以上、ひーひゃんがオススメする3選でしたがいかがでしたか?

 

金持ち父さん貧乏父さんがお金に対する考え方だとすると、

 

2と3は生活に密着したお金に関するお話です。

 

イラストを通して具体的に知りたい方は2を、

 

本当に基本を知るためならば3をすすめたいです。

 

生きていくうえでかかすことのできないお金のことは他人にも話しづらいと思います。よく思ってない人もいらっしゃいますし。。。

 

しかし、自分の人生は自分が決めるもの!自分の身は自分で守らなくてはいけません。

 

読者の皆さんが損をしないためにも、必要タメになる知識は共有を経験していきたいです。

 

それでは、あでぃおーす!